病気は気から。

今日はちょっとした暴露です。
あ、つぶやきです( *´艸`)

( ガタガタ ガタガタ カーンカーン カーン…)
ただ今、深夜1時すぎ。
暴風雪のあとで、夜中によく除雪が入ります。
主要道路通りにうちがあり、除雪の音でよく睡眠が妨害されます。


余談はこのへんにして…


「病院は気から」といいますが、私の体験話をしてみたいと思います。



この言葉、本当でした!



2年前になりますが、足の怪我が回復して(完治はしてません)仕事に復帰しました。
看護職です。
足にハンディがありますが、採用していただきかなり無理をして働きました。


しかしそこには、思いがけない落とし穴がありました。


40代の私。
頭も体も少しずつ老化を感じるお年頃。


看護職はふたり体制で狭いクリニックで勤務していましたが、教えてくれる先輩が早口、そして「1度しか教えないから」と初日に全ての業務説明をしました。メモはしますが追いつきません。



「明日からは教えないから」



2日目からは何一つ教えてくれず、本当に小さなことをグチグチと文句を言わる日々が始まりました。
もちろん、わからないまま仕事をするつもりはなく、メモと記憶を追跡しますが脳はパンク状態。
そして、陰湿は嫌がらせ。


3ヶ月後くらい経ち、初めての薬品の取り扱いがどうしても思い出せなくて、低姿勢で伺ったら「3ヶ月前に教えたよね?絶対教えない」と。患者さんの体に使うもの。仕方なく先生に伺うと、男性ドクターには猫なで声で「なんでも私にきいて〜」と…。


私は極度の下痢・食欲不振・逆流性食道炎・胃潰瘍・不眠と鬱っぽくなり、心療内科に通院するようになりました。この感6キロ体重が落ちました。

週5日、仕事の日は安定など数種類の薬を内服。仕事中、突然耳が聞こえなくなり、突発性難聴になりました。もれなく耳鳴り・頭痛・吐気つき。点滴治療でだいぶん回復しましたが、今も後遺症は残ってます。 一段さると今度は単身赴任で規制した旦那さんに円形脱毛症を指摘され…


かなり悩んで辛かった。隠すのが大変でした。
いつもつらくて部屋で泣いていたな、あのころ。

小さなクリニックです。
聞き耳を立てて聞かれているので、誰にも相談できませんでした。
そのうち、先輩が体調不良だからパートの私に11時間勤務をするよう圧力をかけてきた。
足のハンディあることを知りながら、そんなことを…体が壊れる。危機感を感じました。
「出来ないのなら、辞めてもらうわ。」


経営者ではありません。
ただの平の看護師の発言です。
パワハラ以外の何事でもない。
ただ、経営者にあれこれ指図して、色んな方を辞めさせてきたと聞きました。

私は不本意ながら去年の夏、半年で辞めました。
辞めた数日後、電話。
先輩が奇声をあげて、そのまま仕事を辞めたからすぐに返ってきて欲しい。
明日から仕事が回らないから助けてと。

都合のいい話です。
私にはもう関係ない。

当然お断りしました。


そして辞める1カ月前から血便…。
大腸ポリープがみつかり、
去年末に入院して手術しました。
極度のストレスでも発症するそうです。かなり大きくなり癌になる手前ギリギリの大きさでした。


仕事辞めてから半年以上たちますがあ、円形脱毛症はようやくわからなくなる程度までなりました。


いまは、新しい職場で気持ち静かにお仕事しています。




病院は気から。


治るも、病気になるも、気持ちから。
精神的にやられないよう、心と対話をしましょう。そして我慢しないようにしましょう。

がんばり過ぎないで。



今の自分にも、問いかけます。

可愛い自分は、この世にたったひとりだから。



b0352446_02190480.jpeg


[PR]
Commented by dima02 at 2018-03-03 09:15
MACHIさん、強いね。
がんばる勇気とがんばらない勇気。
よく、乗り越えられましたね。
がんばった人には、ちゃんとご褒美があるんですよ。。。ホントです(^^)
Commented by precious-machi at 2018-03-03 19:08
☆dimaさんへ
真夜中に書いた長々記事をお読みいただきありがとうございます。
ただただ感謝です。

ちょっとがんばり過ぎました。
辛いときは、目の前も周りもみえなくなるものですね。

dimaさんも、健やかにお過ごし下さいね(^^)
by precious-machi | 2018-03-03 02:12 | about me | Comments(2)

暮らしのスタイリング*。:゚


by precious-machi
プロフィールを見る
画像一覧